ふくらはぎダイエット

ふくらはぎダイエット!効果的な痩せ方と太る原因・痩せる方法

ふくらはぎが太くなる原因

 

ふくらはぎを痩せたいと考えている人は少なくないようです。何故ふくらはぎが太いのかという理由を追求する事が痩せるためには大切なことです。皮下脂肪のためにふくらはぎが太く見えているという事態ばかりではないと知っておきましょう。ふくらはぎを細く見せる手段を見つけるには、どういった理由で今太く、どうすれば痩せるのかを明確にすることが第一段階なのです。

 

確かに、脂肪がふくらはぎにたっぷりついているためにくびれがなくなるケースはありますが、これはカロリー過多な人に多い現象です。ふくらはぎの脂肪が多い人の中には、運動をする習慣がなくふくらはぎの筋肉が少ないこともあります。筋肉がないために、その部分に脂肪がついてふくらはぎがますます太くなるという仕組みです。逆に、筋肉がぎっちりとついているためにふくらはぎが太く見えるという方もいます。そういった方のふくらはぎはごつく頑丈そうな見た目です。運動ではふくらはぎは太くなるばかりで、痩せるには筋肉を弱める必要があります。

 

むくみで水太りするタイプもあります。むくみやすい人や冷え性の人は、なりやすい傾向があります。セルライトが溜まりやすい体質の人は、ふくらはぎの太い原因にむくみが関係している可能性があると言われています。両足が、膝のところで内側に曲がってO脚気味になっている方は、ふくらはぎが太い傾向があります。O脚の矯正が必要となります。ふくらはぎを痩せるために、まずは自分がどの太るタイプなのかを一度チェックしてみましょう。

 

脂肪を燃焼割いてくれてダイエットを助けてくれる漢方薬があるのをご存知でしょうか?

 

防風通聖散は医薬品でおすすめです。

 

ふくらはぎダイエットの音もいいですよ

 

>>防風通聖散の口コミはこちら

 

ふくらはぎの痩せる方法について

 

ふくらはぎ痩せを考えている方は大勢いるようですが、どんなやり方が一般的でしょう。多くの場合は結構改善や脂肪燃焼のストレッチをするようです。ふくらはぎ痩せストレッチでは、直立姿勢で片足を20センチほど前に出し、つま先を浮かせる姿勢を取ります。ふくらはぎを伸ばすよう意識しながら、静かに体を前方に曲げます。10秒で足を左右入れ替え、同じ姿勢をすることでふくらはぎのストレッチができます。

 

立ち仕事が多いという人は、仕事に取りかかる前にストレッチをしておくとふくらはぎの痩せ効果が期待できます。ふくらはぎのストレッチをはじめても、すぐに痩せるものではないのも事実です。長期間継続して、ストレッチをしてこそ徐々にふくらはぎが痩せる効果が現れるものなので、諦めずに続けましょう。ふくらはぎをマッサージすることで、むくみ対策や血流促進を行うことも、ふくらはぎ痩せにいい方法といえます。

 

ふくらはぎをマッサージする時は、特別なテクニックは必要ありません。自分でむくみを取る様にマッサージしたり、血行が良くなる様に揉んでみましょう。とにかく揉んでみることで、血の流れが良くなりそうな手法はわかります。マッサージをした足の表面温度が上がり、感覚的にも温かくなればマッサージはうまくいっています。ふくらはぎが痩せるマッサージで、足首部分を気持ちよくもみほぐし、むくみや血流不全を改善して魅力的なふくらはぎになりましょう。

 

ふくらはぎの効果的な痩せ方

 

ふくらはぎ痩せを効果的に行う方法はあるのでしょうか。ふくらはぎに余計な脂肪が多くついていることが太く見えてしまう要因だという場合は、運動でふくらはぎ周りの筋肉をよく動かし、脂肪の燃焼を促進することです。ふくらはぎは何かと使うことが多い部位ですので、筋肉をつけたり鍛えたりすることはそう難しくはありません。歩くだけでもふくらはぎには負荷がかかり、筋肉増量をすることが可能です。

 

ふくらはぎの筋肉が細い人は、日頃から運動していない方や筋肉がつきにくい方ですので、そういう方は筋力トレーニングがお勧めです。ふくらはぎの脂肪を効率的に燃焼させるには、ふくらはぎに筋肉をつけなければなりません。筋肉があれば脂肪は燃えやすくなり、自ずと痩せていきます。手軽なふくらはぎの筋トレには、かかとを上げてふくらはぎの筋肉に負荷をかけるという方法があります。洗い物をしている時、立ちっぱなしになる時にかかとを上げ下げします。1セットで20回程度かかとを上げ下げしましょう。

 

より筋肉を鍛えたいと思われる方は、片足でかかとの上げ下げをすると運動効果がより高くなるでしょう。とはいえ、ふくらはぎが辛くなりすぎないように、加減をしながら筋トレをするように気をつけましょう。足首とつま先を持ち、ぐるぐる回す運動でもふくらはぎの血行促進ができます。椅子に座り、両手で足のそれぞれのポイントを持ちます。爪先を掴んだ手で、右回りに足首を30回程度回します。終わったら、今度はもう片方の足首を同じ様に回します。この運動を習慣化して続けることによって、ふくらはぎ痩せを目指せます。お風呂上がりなど筋肉が柔らかい時に行うといいでしょう。